トップ > 盛土・地盤補強 > テンサーマットレス工法

軟弱地盤の構造物基礎補強工法

テンサーマットレス工法


概要

支持力が不足する基礎地盤または表層基礎部に、テンサーと中詰材料を用いて立体的かつ盤状に組み立てた構造体(マットレス)を敷設することにより、上載構造物の荷重分散及びせん断抵抗を発揮させることによって基礎地盤を補強する工法です。


L型擁壁の他に、ボックスカルバート、重力式擁壁、補強土壁の基礎にも使用できます。

特徴

材料は軽量であり、現場で敷設、縫合するため特殊な大型機械を必要とせず簡便に施工でき、養生も不要です。
通常の地盤改良工法、置換え工法より厚さが薄く、掘削費、残土処分費が軽減できます。

盛土補強ジオグリッド テンサ

土との一体化

1)独自の網目構造一体成型により、土、砕石と強固にインターロックします。
2)適度の網目構造により土の連続性を一切阻害しません。

高強度・耐久性

1)耐酸・耐アルカリ・耐バクテリア性等において極めて強く、耐候性も問題ありません。
2)従来のプラスチック網と比べ、高いクリープ性を発揮。
3)グリッドの要となる交点(縦、横ストランドの結節点)の強度は各社ジオグリッドの中で最大です。

規格

品番 寸法 品質管理強度 製品基準強度 設計クリープ強度 材質

(m)
ロール長
(m)
目合※1
(mm)
kN/m kN/m kN/m
SS-1 4 50 28*40 12.0*22.0 10.0*20.0 3.0*6.0 PP
SS-2 4 50 28*40 19.0*32.0 17.0*30.0 5.1*9.0
SS-35 3.5 30 28*33 34.0*43.0 27.0*37.0 10.8*14.8

※1…目合は10%程度の変動があります。

セパレート材 タフネルEX

特徴

高強度で強度の異方性がありません。
高い透水率を有しています。

素材面(ポリプロピレン製)

1)繊維が吸湿しないため、目詰まりが起こりにくい構造となっています。
2)耐アルカリ性、耐酸性に優れています。
3)施工現場での熱融着による接続ができます。

構造面

1)土との高い摩擦抵抗力があります。
2)連続長繊維のため、動的繰返し荷重により繊維が分解しません。
3)空隙率が高く、また耐圧縮性に優れています。

規格

品番 寸法 質量 引張強度 材質

(m)
ロール長(m) 厚さ
(mm)
g/u
kN/m kN/m
EX-40 2 or 4 50 2.0 200 8.8 8.8 PP

施工実績例


施主 鳥取市役所
工事名 市道嶋5号線


施主 鳥取県東部総合事務所県土整備局
工事名 俵原青谷線