トップ > 盛土・地盤補強 > テンサーAZ工法

ジオテキスタイル補強土壁工法

テンサーAZ工法


概要

テンサーAZ工法は「テンサー」を盛土内に敷設し、壁面に溶接金網型枠(AZパネル)を設置、連結させることによって急勾配盛土を構築する補強土壁工法です。
完成後は植生シートにより壁面を緑化させます。


特徴

メッキ鉄線(サンAZワイヤー)を使用した溶接金網型枠(AZパネル)を壁面材に使用し、従来の溶融亜鉛メッキ製型枠と比較して2倍以上の耐久性があります。
パネルの上下を連結することで、完成後に壁面の一体化による連結効果が期待できます。

盛土補強ジオグリッド テンサー

土との一体化

1)独自の網目構造一体成型により、土、砕石と強固にインターロックします。
2)適度の網目構造により土の連続性を一切阻害しません。

現場条件にマッチした簡便施工

1)軽量で切断接続が自由であり、網目構造を応用した立体組立も可能。
2)補強土壁工法においては専用の壁面材併用により組立及び施工が簡単に行えます。
3)現場発生土等、広範囲の盛土材が適用できます。

高強度・耐久性

1)耐酸・耐アルカリ・耐バクテリア性等において極めて強く、耐候性も問題ありません。
2)従来のプラスチック網と比べ、高いクリープ性を発揮。
3)グリッドの要となる交点(縦、横ストランドの結節点)の強度は各社ジオグリッドの中で最大です。

規格

品番 寸法 品質管理強度 製品基準強度 設計クリープ強度 材質

(m)
ロール長
(m)
目合※1
(mm)
kN/m kN/m kN/m
SR-35 1 30 166*22 43.0 36.0 21.6 HDPE
SR-55 1 30 166*22 60.0 50.0 30.0 HDPE
SR-70 1 30 166*22 72.0 60.0 36.0 HDPE
SR-80 1 30 166*22 85.0 70.0 42.0 HDPE
SR-100 1 30 166*22 106.0 90.0 54.0 HDPE
SR-110 1 30 166*22 117.0 100.0 60.0 HDPE
RE-125 1 30 265*22 165.0 125.0 75.0 HDPE
RE-140 1 30 265*22 180.0 140.0 84.0 HDPE
RE-160 1 30 265*22 200.0 160.0 96.0 HDPE
OR-1※2 1 30 166*22 40.0 - - HDPE

※1…目合は10%程度の変動があります。
※2…OR-1は安定補助材のことです。

AZパネル

AZパネルは軽量で耐久性に優れた亜鉛-10%アルミニウム先メッキ鉄線(サンAZワイヤー)を採用した補強土壁用のパネル材です。
壁面勾配は0〜6分用まで用意しています。

関連部材

テンサー連結材:2本
斜体材:4本
接続用コイル:1本
植生シート:1枚
天端保護材:2本(天端用のみ)

施工実績例


施主  鳥取県西部総合事務所県土整備局
工事名 県道赤松淀江線


施主  民間
工事名 小島運送敷地造成